小さなお葬式ってどうなの?

2019.08.4 コラム

こんにちは、死化粧師(しげしょうし)のエンゼル佐藤です。

近年、家族葬とかがスタンダードになってきました。
テレビCMやネット検索をすると
『小さなお葬式』とかを見ますね。

『よりそう』や『イオン』のお葬式。

安くて良いという方もいますね。
しかし、請け負ってくれる葬儀屋さんによっては
後悔してしまう事例も多いのです。

まずは、この『小さなお葬式』を仕切っているのが
ユニクエストという会社です。

この会社は葬儀紹介専門業で、自社では葬儀を施行していません。
請け負うのはお客様の近くの請負葬儀社になります。

この紹介業者は『葬儀』や『家族葬』で検索すると
まず、結果の上位に出てきます。

そして、魅力的な『格安プラン』が出てきます。

追加料金一切無しとか書いてますが、
実際には追加で当初の金額の二倍三倍を請求されたとか
消費者苦情センターへトラブルの相談が急増しています。

低額でやれたとしても
余りに質が酷くてびっくりしたとかトラブルが絶えません。

昨年の12月には
『小さなお葬式』のユニクエスト社へ
消費者庁から『景品表示法違反』で行政処分が下されています。

価格が不当表示との事でした。

追加は無しと言いながら実際には
追加があるのです。
それが不当表示との事です。

約束が違いますよね。

なぜ、そんな事になるのか?

それには、こんな理由があるのです。

この紹介業者から葬儀を紹介された葬儀社は
なんと!50パーセントも紹介手数料を中抜きされるのです!

だから、追加せずには仕事にならないのです。
紹介業者は自社では施行しないので困らないです。

全部、請け負う葬儀社の負担になります。

それ程、葬儀の集客は大変な事なのです。
しかも、格安プランなんて作ってしまったから
それで運営の首を絞める事にもなりました。

当然、質もさがります。

安い棺桶。
お花は使いまわし。
ドライアイスも削減。

色々とトラブルが起きて当然ですね。

安かろ悪かろです。

こちらの記事もぜひご覧ください

一覧へ戻る