情報は出してナンボの時代

no-thumbnail

2019.08.18 コラム

こんにちは、死化粧師(しげしょうし)のエンゼル佐藤です。

少し前までは、企業秘密とかって言葉が重要ワードでした。
しかし、今は情報過多時代。

どれが有益なのか?
あり過ぎて困惑しますね。

私の仕事も、使用する物とかは、ある意味『企業秘密』な部分もありました。
最初に学んだ師匠曰く。

「使っている保湿剤は他言しない事、これは企業秘密だからね」

そう言われた。

ふーむ、『企業秘密』とな。
某ドーランメーカーの製品が企業秘密ねぇ。

コカ・コーラ社だって、長年秘密にしていたレシピを公開したのに。

確かに、この製品が良いと判断するまでは、色々とあった事だろう。
しかし、今はコスメメーカーの製品もかなり良い物があり、どれがいいかなんて断言出来ない。

私は師匠に比べれば年数は若輩だが、ドラッグストアで日々、研究・製品漁りした数は負けないと思う。

なぜなら、とある師匠は『これが良い!』と思った製品以外は使わないから。

もう、それで何年やっているのだろう?

他言するなと言うならば、他言しても良い製品は自分で探せばいいよね?
そうして、使えると判断した物は10点では効かない。
これは、日々増えると思います。

専門家だから専門の製品は確かに。
でも、一般の人でもやれる範囲で使える物は?

今は、その時代でしょう。

使う製品云々ではなくて、なぜそれを使うのか?
使う理由。
そこが焦点になる。

スキンケアに『保湿』が重要だなんて、もう何十年も前から言われている。
ご遺体だって同じく『保湿』がポイント。

だったら、ドラッグストアで売っている保湿クリームで良いのですよ。
ただ、成分的に合わない配合もあるだけ。
この辺りだと、いいんじゃね?って感じで。

ご遺体も個人差があるから、肌の状態に合わせれば良い。

フェイスマスク・ボディバーム・オールインワンゲル・それこそワセリンだってOK。
これじゃなきゃダメって、正直、保湿できれば無いのよね。

私は人生の半分以上を生きてしまったから、正直、頭が固い。
でも、今の若い子は柔軟的で凄い発想をする。

駄目っていう概念が無いのは羨ましい。
『これって、使えません?』

凄く安くて良い物を知ってる。
こちらが情報を出すと、向こうも色々と言ってくる。

『これって、何?』
むしろ、こちらが聞いてしまう。
コスメ事情も凄く進化してますね。

沢山、意見を言って沢山研究して良い結果にしたいですね。

変化しないと滅んでしまいます。

こちらの記事もぜひご覧ください

一覧へ戻る