京都アニメーション放火事件で思うこと

no-thumbnail

2019.07.28 コラム

おはようございます。
死化粧師(しげしょうし)の
エンゼル佐藤です。

とても残念で悲しい事件が
起きてしまいました。

京都にあるアニメーション
制作スタジオ
『京都アニメーション』で
放火殺人事件が起こりました。

この時点で(2019・7.19 AM9:00)
33名もの命が失われました。


 ※写真出典 京都アニメーション
  ウィキペディアより

心よりご冥福をお祈りいたします。


しかし、悲しんでばかりも
いられないのです。


この事件の終息には
沢山の業種が関わって
解決に動くのですから。


警察・病院・消防・葬儀社
弁護士・ゴミ収集業・法医学
火葬場・飲食店・小売業
旅館業・自動車販売店
保険会社・金融機関・道路公安・etc


死化粧師も時に
そんな業種の一つになります。
では、エンゼル佐藤ならば
何ができるのか?


シュミレーション
してみたいと思います。

なお、少しショッキングな
写真もあります。


苦手な方は
ページを
閉じてください。

火事に巻きこまれて
いわゆる火傷(やけど)で
死亡することを
法医学的に


『熱傷死』『火傷死』と
言います。


高熱の作用により
部分的に起きる機能障害を
『熱傷(ねっしょう)』と言います。

そして
その中で火焔(かえん)
高熱個体
強い反射熱などによるものを
『火傷(やけど)』と言います。


聞いた事が
ありますよね?

カップ麺に
お湯をいれようとして
火傷をした経験は
誰でも
あると思います。


傷は小さくても
意外に痛くて
ジンジンと
疼く痛みに悩まされますよね!


では、火傷の程度について

1.熱傷の程度・
   範囲および重症度

熱傷の重症度には
その程度(深さ)と
受傷範囲が大きく影響します。

熱傷の治療の上そして
熱傷死の診断の上で
重要になります。

a. 熱傷の程度 

熱傷の程度は
受けた温度と
受けた時間の両方に関係します。

皮膚は70℃では
一秒間で障害を起こします。
45℃だと6時間かかります。


ホッカイロを当てていて
低温火傷の経験が
ありますよね!


製品にもよりますが
大体60℃くらいだそうで
半日も当てておくと
赤くビリビリしていますよね!


この赤い状態が
火傷の1度です。

第1度、紅斑性熱傷・表皮熱傷

外見で皮膚の表面が
赤くなり
痛みと熱感
が主な症状になります。

40~45℃くらいでも
起こります。


この程度ならば
数日で治ります。


第2度、水泡性熱傷・真皮熱傷

受けた熱の影響で
血管内の体液が
外に出て
水泡が出来ている状態。

 ※写真出典 現代の法医学
  金原出版株式会社 改定 第2版

皮膚の赤味
激痛・灼熱感があり
時に水泡が破れます。

50~70℃くらいで
起きてしまいます。

治療には
範囲にもよりますが
1~3週間程度は必要で
時に痕が残ります。


今回の放火事件の容疑者とされた
男がこの状態だと
報道されました。


痛さと
激しい熱感。
かなり辛い状態です。


範囲が広いと
ショックを起こす事も
あります。


だから、犯人は
病院で麻酔で
眠っているのです。

この状態で
細菌に感染すると
命に係わる事も
あります。

第3度、壊死性熱傷・皮下熱傷

皮膚組織の全部に
影響して組織が駄目な状態。

皮膚が破れ
体液や血液も出て
火傷の痕もあります。
65℃以上の温度で
起こる状態です。


治療には時間が
かかり
痕が消えない事が多いです。


痛みも酷く
色々と後遺症も起こります。

第4度、炭化

組織が熱で焼けて
炭になった状態。

組織としての
回復が見込めません。

治療は大変に困難です。

熱湯は100℃なので
炭化はしません。


炭化には400℃の
熱が必要になります。



b. 火傷の重症度

火傷の重症度を決める時に
9の法則という
は身体の表面の
割合を9で
示した表があります。

dav


これはあくまで
成人の場合です。

乳幼児は
成人より
頭の範が広くなります。


この9の法則で
火傷をした重症度の
判断をします。

ここまでは
火傷についての説明です。


火傷・熱傷で死ぬ
と言うことは
第3度程度だと
受傷範囲が
約50パーセント

2/3だとほぼ全例が
死にいたる事に
なります。

原因としては
受傷による
ショック。

これは24時間以内

数日して
急性腎不全
呼吸障害

一週間くらいで
肺気腫

二週間以降で
感染症による
敗血症を起こす
危険があります。


これらが原因になり
死にいたるのです。

焼死・火災死とは

熱傷死と同じと
思われますが
定義は別になります。


焼死とは
家屋火災などに
巻きこまれて

高熱・有毒ガス
酸素欠乏などの
同時的作用で


死にいたることを
言います。


この場合は
火傷が無いことも
あるのです。

建物が燃える時に
出る有毒ガスを吸い
呼吸が出来なくなることや


高熱の熱気を
吸い込むことで
気道や
肺の中が焼けてしまい
呼吸ができないことが


原因になります。


原因が変わることで
亡くなった後の
死後変化にも

違いがでます。


死亡原因が
死後の処置や
化粧をする際の
施術の内容に反映します。

火災で亡くなった時の流れ

家屋火災で亡くなった後の
流れについては


まずは
死亡原因の特定です。


今回は現場が京都なので
京都府警察の設置する
安置所で
その原因の特定がされると
思われます。

現在、京都府伏見区の

警察学校に収容されて

居るそうです。


京都府には
かつて
監察医制度が
ありましたが
現在は廃止されています。


被害を受けて
亡くなった方は


死因が特定されてより
警察から遺族に
引き渡されることに
なります。


ここまでにならないと
遺族は亡くなった方を
連れて帰る事が
できません。


京都アニメーションには
地元出身以外の
アニメーターさんも
いたはずです。


故郷に帰るのも
一苦労になります。


棺に納棺して
ドライアイスを
しっかり入れないと


暑い時期なので
ご遺体の状況も悪くなります。

ドライアイスは
体内温度を5度以下に
下げるほど
必要になります。


この温度は
体内の腐敗菌や
分解酵素の
活動が停止する
温度です。


分量で言うと
体重の約20パーセント
が目安ですが
気温や安置所の
温度も関係します。


昨年の猛暑では
35パーセントまで
増量した日も
ありました。


また、ご遺体の
状況にも応じて
増減します。


ご遺体を動かすのは
非常にリスクが高いのです。


火傷を負い
傷もあります。


傷からの
体液や血液は
しっかりと
カバーしないと
出てしまいます。


通常の亡くなり方では
無いので
非常にデリケートです。


そうでなくとも
遺族の精神的な負担は
大きいので
できる限り


現状を悪くせずに
状態を保って
傷の処置を行い


体液や血液の
流出は防ぎたいですね。


33人全員
状況は違います。


ご遺体を遠方まで運ぶには
場合によっては
エンバーミングも
必要になるでしょう。


しかし、京都のエンバーマーも
これだけの被害対応は
とても大変だと
思います。

きっと、今後
暑い時期に休みも無く
活動されると思います。


お別れのセッティングを
される葬儀社。


放火被害で
これだけの人数が
出るのは
令和では初めてです。


これから
色々な機関が
問題解決に動くと
思われます。



まとめ

私が死化粧師になって
初めて
この様な大きな
事件が起きました。


かつて
津波災害や大雨災害時に
私の先輩たちが
現場で活躍しました。


エンゼル佐藤も
場合によっては
赴くことがあるかと
思います。


できれば
そのような事が
無いことを
心より願っています。


令和という時代が
平和でありますことを
心より祈ってやみません。


ここまでお読み頂き
ありがとうございます。


死化粧師
エンゼル佐藤

こちらの記事もぜひご覧ください

一覧へ戻る