死化粧師が見たお骨事情

2019.09.13 コラム

こんにちは!歌って踊れる?死化粧師(しげしょうし)のエンゼル佐藤です。

過日、某国営放送で現在の遺骨事情の特集を観ました。

まあ、様々なお骨事情が…💦

フューネラルビジネスフェアとかで見ましたが、カラフルな骨壺や面白い型の物、中々こだわってますね。

お墓は要らないので、海洋散骨を希望とか最近増えてます。

あるいは、仏様の中が納骨堂だったりダイヤモンドに加工だの、アクセサリーで身に付けるとか。

真珠にもなるんだとか!Σ(´□`;)

もう、何でもバッチこーいって?
ブームなでしょうけど、どこまでゆくやら。

オーストラリアでは、花火でドカーン🎆って❗
無茶苦茶やん!(ある意味、清々しい?)

しかし、ご供養って考えも様々で、一昔だったら
「この罰当たり!」
って、ご先祖様に叱られそです💦

きっと、色々とお考えの方もいるかと。

さて、あなたはご自分のお骨はどうされたいですか?

エンゼル佐藤は、婚家のお墓にオーソドックスに納骨されるのかな?
まあ、納骨は残された遺族の考えなので好きにしてもらって構いませんけどね。
私にはどうにもできませんし、その頃には何も分からない状態でしょうから。

あの世から帰ってきて、あの墓は嫌だなんて言った人は皆無ですから。
死んでから200万円の墓に入っても、ちっとも嬉しく無い!とかね?
死人に口無ですよ。

所詮は残された者の自己満足です。

死んでまで亭主と同じは嫌って!って方は、喪主になる人物によーく頼まれるといいですよ?

せめて、骨壺はウェッジウッドの……げふん!

樹木希林さん、死ぬ時くらいは好きに……

ならんですわ!(;・∀・)

こちらの記事もぜひご覧ください

一覧へ戻る