ペット(家族)に遺産は残せないの?

2019.08.4 豆知識

こんにちは、死化粧師(しげしょうし)のエンゼル佐藤です。
可愛いペット(家族)にもしもの為に遺産を残したい。

そんなお話を聞く機会が増えました。

私の夫が行政書士をしている関係で、遺産相続については
少し学んでいます。

さて、ペットへの遺産の相続ですが
残念ながら、相続はできません。

日本の法律ではペットは『物』扱いになるからです。
なので、相続権がありません。

では、財産は残してあげられないの?
いいえ、残す事は可能です。

その場合は『負担付き死因贈与』という形になります。
難しい言葉ですけど、簡単に言うと。
ペットの世話をしてくれる人に遺産を贈与する事です。

ペットは誰かがお世話をする必要がありますよね?
お世話してくれる方に、遺産をお渡しするのです。

しかし、デメリットもあって
一括でお渡しするので全額使われてしまったら
後の保証が無いので、贈与する方を慎重に選ぶ必要がありますね。

できれば、ペットは看取りまでを考慮してお世話しましょうね。

ペットは飼い主を選べません。
人間のエゴで愛玩するモノでは無いと思います。

どうしても飼う時は、もしもの事を考えて
対策をしてからにしましょう。


こちらの記事もぜひご覧ください

一覧へ戻る